オーディオ・ホームシアターの大阪屋 ホーム » レコード » トピックス 商品紹介 » バロック・ヴァイオリンの才女、レイチェル・ポッジャーの最新SACD 入荷しました

バロック・ヴァイオリンの才女、レイチェル・ポッジャーの最新SACD 入荷しました

[2012.04.30]

バロック・ヴァイオリンの才女、レイチェル・ポッジャーの最新SACD 入荷しました

ポッジャー最新作はヴィヴァルディ円熟期の大作「ラ・チェトラ」!

ヴィヴァルディの最高傑作の1つ「ラ・チェトラ」
ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集《ラ・チェトラ》Op.9
協奏曲第1番ハ長調RV.181a/協奏曲第2番イ長調RV.345/協奏曲第3番ト短調RV.334/協奏曲第4番ホ長調RV.263a/協奏曲第5番イ短調RV.358/協奏曲第6番イ長調RV.348/協奏曲第7番変ロ長調RV.359/協奏曲第8番ニ短調RV.238/協奏曲第9番変ロ長調RV.530/協奏曲第10番ト長調RV.300/協奏曲第11番ハ短調RV.198a/協奏曲第12番ロ短調RV.391

レイチェル・ポッジャー(ヴァイオリン)、オランダ・バロック協会
Vivaldi:La Cetra/Podger(vn)、Hollad Baroque Society

■2012年2月、自身のアンサンブル、ブレコン・バロックと共に再来日したバロック・ヴァイオリンの天女レイチェル・ポッジャー。
バッハの「無伴奏ソナタ&パルティータ」や「ヴァイオリン協奏曲集」、モーツァルトの「ヴァイオリン・ソナタ全集」などを奏でてきたポッジャーが、ヴェネツィアの巨匠ヴィヴァルディに回帰。
2003年にリリースされた伝説的名演「ラ・ストラヴァガンツァ」以来となるヴィヴァルディ円熟期の大作「ラ・チェトラ」!

■サンタンジェロ劇場の作曲家兼音楽監督の地位にあり、創作意欲に満ちあふれていた円熟期のヴィヴァルディ。
1727年に出版され神聖ローマ皇帝カール6世に献呈された協奏曲集「ラ・チェトラ」は、特殊な調弦法"スコルダトゥーラ"が用いられ、1725年に出版された同時期の作品「和声と創意への試み」と並ぶヴィヴァルディの最高傑作の1つです。

■今回ポッジャーと共演するのは、世界が注目するオランダ古楽界の若き精鋭集団オランダ・バロック協会!
ポッジャー、オランダ・バロック協会、ラ・チェトラ、そしてチャンネル・クラシックの超優秀録音。理想的かつ最高のアンサンブルが織り成す「ラ・チェトラ」が、ポッジャーの伝説の一部となるでしょう。

Channel Classics/CCSSA 33412(ハイブリッド・マルチCh・SACD)
/日本語曲目表記オビ付き
2枚組特別価格 ¥3,500(税込)

札幌市中央区北1条西3丁目
時計台前

TEL 011-221-0181

店舗外観

Access

MAP

  • LUXMAN
  • Accuphase
  • ウルトラゾーン
  • 中古オーディオ・アクセサリー売ってください
  • オンラインショップ
  • オーディオ・ホームシアター導入事例
  • ソニーストア
  • メールマガジンご登録・変更
  • ▲ページTOP