オーディオ・ホームシアターの大阪屋 ホーム » イベント情報 » 2019 北海道オーディオショウ 終了報告 No.4

2019 北海道オーディオショウ 終了報告 No.4

[2019.10.24]

2019 北海道オーディオショウ 終了報告 No.4

南壽あさ子さん「"Neutral" Tour 2019-2020 (ソロワンマンライブ)」

↑1枚目の写真はトークショー「Music Elements」の際に撮影

2日目の10月12日(土)、ヤマハミュージックコミュニケーションズに所属するシンガーソングライターの南壽あさ子さんによるワンマンライブ&トークショーが開催されました!

南壽あさ子さんは積水ハウスや東京ガスなどのCMソングや、NHK「みんなのうた」で注目を浴び、最近では数々のテレビ・ラジオ番組に出演されています。10月9日にはニューアルバム「Neutral」をリリースされたばかりで、ライブではアルバムに収録されている曲も披露されました。会場は多くのお客様でいっぱいとなり、皆様、その透き通った歌声に聴き入っておりました。

ソフト売り場には特設コーナーが設けられており、ライブ終わりに購入されるお客様が大勢いらっしゃいました。

SONY


HDDディスク内蔵オーディオプレーヤー「HAP-Z1ES」をメインとしたハイレゾ音源の試聴が行われました。発売から今年で6年目になる本機ですが、試聴会には多くのお客様が訪れ、注目度の高さが伺えました。

CSポート


新発売のフォノイコライザーアンプ「C3EQM2」や管球式パワーアンプ「GM70PA」を含むシステムで試聴が行われました。音源はレコードのみで、再生に使われたアナログプレーヤーは現在開発中で、来年発売予定との事です。完成が楽しみですね!

ステラ


TechDASのアナログプレーヤー「Air Force III Premium」と、Wilson Audioのスピーカー「SASHA DAW」がメインの試聴が行われました。また、出品リストに名前はありませんでしたが、STROMTANKのバッテリー電源「S-5000HP」も展示されており、北海道初出展ということでした!

エソテリック


エソテリックのGrandiosoシリーズとTANNOY、アバンギャルドのスピーカーなどを使用したシステムで試聴が行われました。システムには今年9月に発売されたばかりのSACDプレーヤー「Grandioso K1X」も含まれておりました。

アクシス


去年の9月から日本での取り扱いが始まったFYNE AUDIOのフラッグシップスピーカー「F1-10」にて試聴が行われました。音だけではなく、個性的且つ木目の美しいキャビネットも注目を集めていました。

ノア&アークジョイア


こちらのブースでは、Sonus faber「AMATI Tradition」と、estelon「YB」の2種類のスピーカーが使用され、主にBurmesterの製品で構成されたハイエンドシステムでの試聴が行われました。特に今回目玉のAMATI Traditionの試聴には多くのお客様が訪れました。

CD・レコード販売


今年は「ステレオサウンドコーナー」を新設し、注目を集めました。また、昨年に続き福岡に店舗を構える中古レコードショップ「Ninonyno2」にも参加して頂き、お客様はオリジナル版やステレオサウンド限定商品を購入されておりました。買いそびれた方のために店頭でも用意しております。




「2019 北海道オーディオショウ 終了報告 No.1」はこちら。

「2019 北海道オーディオショウ 終了報告 No.2」はこちら。

「2019 北海道オーディオショウ 終了報告 No.3」はこちら。

「2019 北海道オーディオショウ 終了報告 No.5」はこちら。

札幌市中央区北1条西3丁目
時計台前

TEL 011-221-0181

店舗外観

  • JBLスピーカー・キャッシュバックキャンペーン
  • 「SONY 4K映像Winter Fair」開催!
  • Google
  • ナスアサコ
  • WiZMUSIC
  • トライオード
  • YAMAHA
  • ESOTERIC
  • LUXMAN
  • CSPORT
  • Accuphase
  • 中古オーディオ・アクセサリー売ってください
  • オーディオ・ホームシアター導入事例
  • ソニーストア
  • メールマガジンご登録・変更
  • ▲ページTOP