オーディオ・ホームシアターの大阪屋 ホーム » イベント情報 » 2018 北海道オーディオショウ 終了報告 No.5

2018 北海道オーディオショウ 終了報告 No.5

[2018.10.12]

2018 北海道オーディオショウ 終了報告 No.5

ホームシアター


(SONY)
プロジェクター「VPL-VW745」が出展されました。ネイティブ4Kパネルを搭載し、レーザー光源を使用しています。ネイティブ4Kらしい、UHD BDソフトの精細感のある再生はとても見応えがありました。



(JVC)
ネイティブ4Kパネルを搭載したプロジェクター「DLA-V9R」と「DLA-V5」で視聴が行われました。見どころはDLA-V9Rの「8K/e-shiftテクノロジー」機能で、4Kを越える精細感に、皆さま注目されていました。



(キクチ科学)
職人が一枚一枚手塗りで仕上げるスクリーン「Recodisシリーズ」の新商品の試作品(120インチ)が展示され、視聴にも使用されました。発売日は未定ですが、完成が楽しみですね。



(DENON)
13.2chのパワーアンプを搭載したAVアンプ「AVC-X8500H」の試聴が行われました。
パワーもありながら、セパレートにも迫る繊細感や表現力を兼ね備えており、グレードアップを狙うユーザーからも注目が集まりました。



(Marantz)
13.2ch対応のAVプリアンプ「AV8805」の試聴が行われました。実際に映画を観てみると、空間表現がとてもリアルで、まるでその場にいるような感覚を味わうことが出来ました。



(YAMAHA)
AVENTAGEセパレートシリーズ、AVプリアンプ「CX-A5200」(10月発売予定)と、AVパワーアンプ「MX-A5200」(12月発売予定)などの新製品が披露されました。また、ヤマハ独自の技術「SURROUND:AI」が生み出すサラウンド効果にも注目が集まりました。



(オンキョー&パイオニア)
新発売のユニバーサルプレーヤー「UDP-LX800」(11月下旬発売予定)と「UDP-LX500」を展示し、視聴が行われました。映像の美しさはもちろん、音質にも配慮されており、どちらも妥協したくない方にはピッタリのプレーヤーでした。

ヘッドホン・イヤホン


こちらも今回から参加の「ヘッドフォンフェスタ」です。13の商社が参加し、北海道初上陸の製品も含め、たくさんのヘッドホンやイヤホン等が並んでおりました。その中でも価格が税込720万円というSENNHEISER「HE1ヘッドホンシステム」に注目が集まりました。(1枚目右側の写真)

CD・レコード販売


当店がご用意した商品のコーナーとは別に、福岡に店舗を構える中古レコードショップ「Ninonyno2」にも参加して頂きました。掘り出し物のレコードもたくさん取り揃えておりました。


北海道オーディオショウも無事終了し、多くのお客様にお越し頂き誠にありがとうございました。
来年も北海道オーディオショウ等を企画して参りますので、今後とも、キャビン大阪屋をよろしくお願いいたします。


下記サイトをクリックすると閲覧が可能です。


2018北海道オーディオショウ終了報告 No.1

2018北海道オーディオショウ終了報告 No.2

2018北海道オーディオショウ終了報告 No.3

2018北海道オーディオショウ終了報告 No.4

札幌市中央区北1条西3丁目
時計台前

TEL 011-221-0181

店舗外観

  • WS-A70
  • カートリッジ
  • テレビの音グレードアップ対策!
  • ESOTERIC
  • LUXMAN
  • CSPORT
  • Accuphase
  • ウルトラゾーン
  • 中古オーディオ・アクセサリー売ってください
  • オンラインショップ
  • オーディオ・ホームシアター導入事例
  • ソニーストア
  • メールマガジンご登録・変更
  • ▲ページTOP