オーディオ・ホームシアターの大阪屋 ホーム » イベント情報 » 2018 北海道オーディオショウ 終了報告 No.2

2018 北海道オーディオショウ 終了報告 No.2

[2018.10.08]

2018 北海道オーディオショウ 終了報告 No.2

クリプトン


クリプトンのブースでは、これから発売予定のスピーカー「KX-3 Spilit」(10月末)と、アクティブスピーカー「KS-9Multi+」(12月中旬)を使用しており、試聴できました。

ハイレゾ音源に興味をお持ちの方が多くご来場されました。

CSポート


出力40Wのモノラルパワーアンプ「212PA」の試聴が行われ、皆さまその力強さに驚かれている様子でした。また、レコードを再生しながら除電・消磁が行える「IME1」も出展されており、体験された方はその効果を実感できたのではないでしょうか。

SPEC


再生機器にネットワークプレーヤーの「RMP-X1」、EATのアナログプレーヤー「C-Sharp」を使用して試聴が行われました。スピーカーにはKisoAcousticの「HB-1」が使われ、皆さま再生機器や音源による音の違いを楽しまれていました。

タイムロード


タイムロードが10月から取り扱いを開始したPATHOSの真空管を使用したプリメインアンプ「Logos MkⅡ」と、Charioのスピーカー「SONNET」の2点がシステムに組み込まれており、注目を集めました。

TAD


新製品のスピーカー「TAD-E1TX」と、クラスDステレオパワーアンプ「TAD-M1000」を使用したシステムで試聴が行われ、ハイレゾ音源とCD音源を交互に聴きながら新製品の音を楽しむことができました。

TEAC


TEACブースでは、再生機器にネットワークCDプリメインアンプ「NR-7CD」とアナログプレーヤー「TN-570」が使用され、タンノイのスピーカーとのシステムで試聴が行われました。同時に、ハイレゾマスターレコーダー「SD-500HR」、ダブルカセットデッキ「W-1200」などの新製品も展示しておりました。

デンソーテン


イクリプスのスピーカー「TD712z MK2」とサブウーファー「TD725SWMK2」を加えた2.1chでの再生も行っておりました。また、1,000台限定のプレミアムパッケージ「CDR1シリーズ」の展示・再生も注目を浴びました。

ステラ


TschDASのアナログプレーヤー「AirforceⅢ premium」はとても豪勢なレコードプレーヤーでした。
スピーカーはVIVID Audia「Kaya45」、Wilson Audio「ALEXIA2」などの新製品を使用し試聴が行われました。




下記サイトをクリックすると閲覧が可能です。

2018北海道オーディオショウ終了報告 No.1

2018北海道オーディオショウ終了報告 No.3

2018北海道オーディオショウ終了報告 No.4

2018北海道オーディオショウ終了報告 No.5

札幌市中央区北1条西3丁目
時計台前

TEL 011-221-0181

店舗外観

  • WS-A70
  • カートリッジ
  • テレビの音グレードアップ対策!
  • ESOTERIC
  • LUXMAN
  • CSPORT
  • Accuphase
  • ウルトラゾーン
  • 中古オーディオ・アクセサリー売ってください
  • オンラインショップ
  • オーディオ・ホームシアター導入事例
  • ソニーストア
  • メールマガジンご登録・変更
  • ▲ページTOP