オーディオ・ホームシアターの大阪屋 ホーム » イベント情報 » 2015 北海道オーディオショウ終了報告 No.1

2015 北海道オーディオショウ終了報告 No.1

[2015.11.22]

2015 北海道オーディオショウ終了報告 No.1

D&M

D&Mブースでは、B&W新製品800シリーズフルラインナップ、DENON SX11シリーズ等を展示しておりました。また、802D3製品のネットワークや、ミッドレンジエンクロジャーをはじめ、製造工程等も画面を使い細かくお客様に説明されておりました。

ビックイベント時には100名を超すお客様に試聴していただくことが出来ました。

KEF

KEFブースでは、BLADE TWOを展示しており、
当店でも人気のLSシリーズ ニアフィールドモニタースピーカー
LS50の新色Piano Whiteを拝見し、試聴することが可能でした。

LINN

LINNブースでは、EXAKTスピーカーの新シリーズ『Series 5』を
展示しておりました。

こちらのスピーカーは、表面にファブリックカバーを取り付けてインテリアの一部のように設置できる点が最大の特徴となっており、ファブリックは色やテクスチャーの違う種類が用意されており、好きなものを選択可能。
インテリアのテイストや季節によって着せ替えられるよう別売りもされております。

更に、LINN KLIMAX EXAKT DSM  EXAKTシステムにて音出しを行っておりました。

SPEC

SPECブースでは、慣性モーメント3,260kg/cm2を誇る砲金製の40cm径、14kgの重量級ターンテーブルを採用したアナログレコードプレーヤー「GMP-70」を展示しておりました。

更に、パワーアンプを使いマルチにて音出しをされており、
非常に皆さん熱心に試聴されておりました。

TAD

TADブースでは、新製品 TAD-D1000MK2-K、TAD-M2500MK2-Kを使い
しっかりとスピーカーを駆動しておりました。

TAOC

TAOCブースでは、当店でも人気のオーディオボード
『SCB-RS-HC』の内部構造、鋳鉄粉入りハニカムコアを見ることができ、
実際に手に取り重量などを体感することができました。
又、ラックの比較試聴ではラックのみの交換にて音色の違いを
試聴していただき皆様驚かれておりました。

Accuphase

Accuphaseブースでは、新製品プリメンアンプ『E-370』や、『DG-58』  ヴォイシングイコライザー、『C-3850』コントロールアンプ等を一堂に展示しておりました。

試聴会では、AAVAの回路等を細かく説明しており、
皆さん熱心に試聴されておりました。

AXISS

AXISSでは、Wilson Audioの新製品 『Sabrina』を使用し、
Ayreにて鳴らしておりました。

非常に繊細な音色で皆さん聴き入っておりました。

こちらのスピーカーは当店に展示導入いたしましたので
是非当店に試聴にいらっしゃってください。

アブサートロン

アブサートロンブースでは、
ボルダーのハイエンド製品を使用し、
ウエストレイク TS-6を鳴らしておりました。

こちらのスピーカーも当店にて試聴が可能となっております。

富士通(イクリプス)

富士通(イクリプス)では、タイムドメイン理論に基づく、ECLIPSEのスピーカーを使用し、当店でも人気のサブウーファーECLIPSE TD725SWMK2を使用しておりました。

非常に歯切れの良い音色にて試聴していただけました。

札幌市中央区北1条西3丁目
時計台前

TEL 011-221-0181

店舗外観

Access

MAP

  • ESOTERIC
  • LUXMAN
  • Accuphase
  • ウルトラゾーン
  • 中古オーディオ・アクセサリー売ってください
  • オンラインショップ
  • オーディオ・ホームシアター導入事例
  • ソニーストア
  • メールマガジンご登録・変更
  • ▲ページTOP