オーディオ・ホームシアターの大阪屋 ホーム » オーディオ » トピックス 商品紹介 » JBLの新世代小型モニタースピーカー『4309』展示導入!!

JBLの新世代小型モニタースピーカー『4309』展示導入!!

[2021.07.25]

JBLの新世代小型モニタースピーカー『4309』展示導入!!

JBLのスタジオモニター、フラッグシップモデル「4367」そして、
「4349」に続いて発売された製品

それが・・・今回ご紹介する「4309」です!!
1本づつしっかりと梱包されております。
こういう細かい気配り好きですねぇ。
底部には、ボトムベース・ボードがあり、
設置面への振動を軽減しており、滑り止めにシール式パッドも同梱されております。
こちらの製品は、上位モデル『4349』と同じく、バイワイヤ接続が対応となっております。
スペックですが、
ユニットは、165mm径ピュアパルプコーン・ウーファー「JW165P-4」と、
25mm径Teonexリングダイアフラム・コンプレッションドライバーを使用。
周波数特性(-6dB)は42Hz~30kHz。クロスオーバー周波数は1.6kHz。
出力音圧レベルはJBLにしては若干低めの87dB。インピーダンスが4Ωとなっております。

肝心の音色に関しては・・・


さすがモニタースピーカー、しっかりと一音一音に芯があり、非常にバランスの取れている音色というのが第一印象です。

音の分離も低音の量感も申し分ありません。

この音色で、価格はペアで定価198,000円(税込)

10万円を切るスピーカーとは思えない音色作りです。

色々なジャンルを聴かれるお客様にはピッタリではないでしょうか。

※上位モデル『4349』も店頭では試聴可能!!


札幌市中央区北1条西3丁目
時計台前

TEL 011-221-0181

店舗外観

  • コロナ対策
  • WiZMUSIC
  • トライオード
  • YAMAHA
  • ESOTERIC
  • LUXMAN
  • SOULNOTE
  • CSPORT
  • Accuphase
  • アキュフェーズ一覧
  • オーディオ・ホームシアター導入事例
  • ソニーストア
  • ホームシアター始めてみませんか?
  • PJ展示
  • メールマガジンご登録・変更
  • ▲ページTOP