HIFIMANのヘッドホン2機種を展示中!

[2021.06.06]

HIFIMANのヘッドホン2機種を展示中!

HIFIMANは、2007年にDr. Fangによってアメリカで設立され、現在は中国天津に本社を置くヘッドホン、イヤホンやポータブル・プレーヤーなどを扱うブランドです。

HE1000SE


定価:385,000円(税込)

感度:96db、周波数特性:8Hz~65kHz、インピーダンス:35Ω、開放型。

「HE1000」の後継機に当たる平面駆動型ヘッドホン。特殊形状のステルス・マグネットを採用し、音の流れを乱すことなく透過させることで音質劣化を防ぎ、歪みの少ない音楽再現を実現。

また、HiFiMAN 独自の薄さナノメーターの振動版を使用。
さらに、ドライバー保護とオープンバックタイプの最適化を図り開発したという、特許技術“ウインドウ・シェード”システムを採用。

Arya


定価:145,200円(税込)

感度:96db、周波数特性:8Hz~65kHz、インピーダンス:35Ω、開放型。

平面駆動型ヘッドホン。HE1000SE同様、ナノメーターの振動版や“ウインドウ・シェード”システムを採用するなど、上位機種の技術を備えつつ、リーズナブルな価格を実現したコストパフォーマンスに優れた製品です。



今回はLUXMANのヘッドホンアンプ「P-750u」に接続して試聴を行いました。

両機とも共通しているのは、音色が自然で、ワイドレンジかつ粒立ちが細かく、空間表現が抜群!その場で聴いているようなリアルなサウンドが楽しめます。


それぞれの印象は、

Aryaは、繊細ながら芯の強いサウンドと、迫力のある低音で、POPな曲はとても聴き応えがあります。

HE1000SEは、音が一層クリアになり、細かい音も聞き取りやすく、よりリアルな描写が楽しめます。低音はタイトかつスピーディーで聴き心地が良く、長時間聴いていても疲れません。

おまけに、3.5mm変換プラグを使用してポータブルプレーヤーでの試聴も行いましたが、能率が高いため、音量も十分得られました!


皆様も、ぜひお試しください。


今回、試聴に使用したLUXMANのヘッドホンアンプ「P-750u」は、

ただいま展示現品にて販売中!

一品限りで、お買い得価格となっておりますので、お早めにどうぞ!

札幌市中央区北1条西3丁目
時計台前

TEL 011-221-0181

店舗外観

  • コロナ対策
  • WiZMUSIC
  • トライオード
  • YAMAHA
  • ESOTERIC
  • LUXMAN
  • SOULNOTE
  • CSPORT
  • Accuphase
  • アキュフェーズ一覧
  • オーディオ・ホームシアター導入事例
  • ソニーストア
  • ホームシアター始めてみませんか?
  • PJ展示
  • メールマガジンご登録・変更
  • ▲ページTOP