JFSound SIN-KAI 『MS227C』

[2016.04.19]

JFSound SIN-KAI 『MS227C』

SIN-KAI 『MS227C』

細線ワイヤ製造メーカーのジャパンファインスチール株式会社から、
音響ブランド「JFSounds」を立ち上げ、マグネシウムを使用した新コンセプトのスピーカーケーブル「SIN-KAI MS227C」が発売になりました。

高強度ピアノ線で培った加工技術を応用することで、難加工材であるマグネシウムの細線ワイヤを実現しており、マグネシウムの制振性を生かしたスピーカーケーブルとなっております。


(1) 導体芯にマグネシウムワイヤを使用
マグネシウムは振動吸収効果が高い素材であり、その特徴を生かして様々な分野で使用されています。特に制振効果が高い純度99.95%のマグネシウムワイヤを導体の芯材に配置することで、導体部分に伝わる振動を直接吸収する新発想スピーカーケーブルとなっております。

(2) PC-Triple C導体の極太φ0.7mm×6本撚構成を採用
導体線間伝達を極力少なくして、ストランド歪の減少を考慮。単線導体に近い長所を持つ強い撚線構造です。

(3) 伝送損失を低減する平行構造
プラスマイナス導体間のスパンを中空パイプで広げ、キャパシタンス(静電容量)を低減し伝送損失を抑えており、長く引き回しても特性の劣化が少ない構造です。

(4) 絶縁体はポリエチレン
電気特性に優れたポリエチレンを絶縁体に、中間セパレータ—にポリエチレンパイプを、シースには軟質PVCを採用しました。
スペック

●名称 : SIN-KAI MS227C
●ケーブル外径 : 4×10mm
●導体 : PC-Triple C 0.7Φ×6本 <PC-TripleCは特許第5871985の製品です。>
●中心核導体 : 純マグネシウム(純度99.95%) 0.7Φ×1本
●構造 : 7本撚2芯平行構造
●導体断面積 : Cu 2.3sq、 全体2.7sq
●静電容量 : 36(pF/m)
●導体抵抗 : 7.8(mΩ/m)

定価税込 3,132円/m

現在、3階オーディオフロアにて店頭販売中!!



札幌市中央区北1条西3丁目
時計台前

TEL 011-221-0181

店舗外観

Access

MAP

  • LUXMAN
  • Accuphase
  • ウルトラゾーン
  • 中古オーディオ・アクセサリー売ってください
  • オンラインショップ
  • オーディオ・ホームシアター導入事例
  • ソニーストア
  • メールマガジンご登録・変更
  • ▲ページTOP